「スプレッド」とは外為は二国間の通貨を売り買いして利益を狙う投資です。買ったり売ったりの値は1日中上下しています。これが為替です。ラジオを聞いているとドル円やユーロ円の為替の情報が流れることがあります。よく見かけるのが、「現在のドル相場は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。それは80円50銭から80円52銭の間で買ったり売ったりされているという事ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを言い表しています。別の表現をするとトレードには買値と売値の2つの価格が存在するのです。売値、買値ではなくビット、アスクと表示するFX会社もあります。普通は売値が買値よりも低い値段になっています。投資家が買うときには高く、売るときには安くなるのです。この差をスプレッドといいFX会社の儲けの1つになっています。スプレッドの広さはFX取引会社によって変わります。スプレッドは出費になるので狭いFX会社を選択したほうが有益です。ただし、同じFX業者でも局面によってはスプレッドの幅は変わります。例として通常時はドルと円のペアでたった1銭のスプレッドの広さであるとしても、マーケットの上げ下げがとても激しいときには大きくなったりする場面があります。ですから、スプレッドが狭いのと共に変化が小さい事が不可欠です。現在では固定でスプレッドの幅を見せる取引会社も存在しています。現実に取引業者の取引画面内で本当のレートを確認しなければ判別できないのですがとても大事な事です。重要な投資資金を預けてエントリーするのだから、トレードの前に関心があるFX業者の取引口座開設をいくつもして表示されているスプレッドを見ておきましょう。同じ通貨の組合せ状況によって、スプレッドの広さは異なります。たいがい、銀行間取引で取引高が多い通貨ではスプレッドの広さが小さくあとのペアではスプレッドの広さが広がるのが一般的です。