本日は為替取引についての基本原因に関するお話です。為替相場というものは「自分でキャッシュの送付をしない場合でも金銭授受の行為を為すやり取り」です。通常為替相場というのはほとんど外為のことを言い表す人が多いのです。国際為替というものは国同士の貨幣の換金のことを指します。他国へ旅行(スペイン、韓国、タイ、)を過去にしていれば、おそらく国際の為替の体験があるはずです。銀行窓口で旅行先の国の通貨に両替をするのであれば、それは為替という事です。為替の市場は買いたいと思う人と売り手の値を示したものです。銀行と銀行のやり取りの結果決まってくるものです。その銀行はマーケットメイカーと言う世界中のいくつかの銀行であります。為替レートはいろんな余波を受けながら継続して徐々に変わります。相場を変化させる動因というのはファンダメンタルズが言われます。ファンダメンタルズとは経済動向、経済の基本とか様々な要素のことです。国ごとの経済成長率や経済指数、物価、金融緩和政策、貿易収支、失業率、重要人物の一言と言った要素が絡んで為替相場は変わり続けます。その中でも外国取引の収支と失業者の割合は大事と言われます。国際収支統計とは何か日本の組織でいう財務省からの指令で日銀が日本外国貿易統計を土台として取りまとめた外国との任意の期間の経済の取引を書いたものです。こちらは中央官庁や中央銀行のホームページの中で知ることができます。雇用者の統計、失業率もチェックされる項目であると言われます。ことにアメリカ合衆国の就労者の統計は重要視されます。月に一度公にされ、調査の範囲が広範囲なところが特色です。為替の動向は各国の経済の動きを指しているので。各国の経済の変化を検証することで為替レートの変動の把握が可能となると言えるでしょう。