外為市場であるFX(外国為替証拠金取引)のことを、詳しく追求してみましょう。外国為替証拠金取引(FX)は、両国の通貨をやり取りをして差引額を受け取れるといったようなやり方になります。この二つの国の通貨の中で生み出される差額をスワップ金利と呼ぶのです。スワップ金利に関して正式名はスワップポイントと呼ばれるようです。スワップポイント(スワップ金利)は、一日ごとに得る事ができますけれども、その為替の相場の動向によって違うのです。こういうFXのスワップポイントを獲得することを目的に外国為替証拠金取引の取引を行っている方も多数います。スワップポイントは、取引するFX業者ごとに違ってくるのでできるだけ差益金額が高い取引業者で取引したいですよね。しかしスワップ金利は為替相場が変わってしまうと変化するので注意しましょう。併せて為替の取引を行う際はグラフを読める事が大切になります。こうした図表を読み取れると為替トレードの流れを予測する出来るのです。外国の為替初心者の人が見た時、いったい何の図表?などとわからないと思えるかと思いますが重要ポイントをわかっておくことによってグラフを読む事が出来るらしいです。どのタイミングで円が上昇傾向にある又は下がって来ているというようにここで最近では円安になるとこのグラフのおかげで判断する事が出来為替取引をするにはとても大事なデータとなるらしいです。ここで言う図表は、ローソク足(陰陽足)を使っていてローソクの形に似たチャートで作られています。ローソク足によって高値・安値加えて終値と始値等を表示されておりチャート図の上でいろいろな格好となっているのです。