為替への介入という言葉は耳にした事がありますか?日本銀行が為替の介入をして新聞、雑誌記事、TV、ヤフー等の情報で見た人も多いでしょう。そもそも為替介入といえば日本では、財務大臣が為替のレートの安定性を実現するように施行する手法として見なされています。わかりやすく言うと、激しい円高、円安が発生すると財務大臣の命令により中央銀行(日本銀行)日本円の売り買いをして為替レートを安定させる、ものを言います。為替介入(外国為替平衡操作)はいくつかやり方があるのです。1.単独介入・・・行政または日銀が、東京での市場で自分から市場に加わり外国為替平衡操作(為替介入)をする。2.協調介入・・・いくつかの通貨当局が話し合ったうえで各々の通貨当局の金を以て一緒または断続的に外国為替平衡操作(為替介入)を実行する。3.委託介入・・・他の国の通貨当局へ外国為替市場介入(為替介入)を依頼する。4.逆委託介入・・・日本銀行が外国の銀行などに成り代わり外国為替平衡操作(為替介入)を実施する。この通りやり方があります。どの場合の為替介入も一時期、あるいはしばらくの間市場に大きいインパクトを与えるのです。為替介入(外国為替市場介入)の金額は当然自分の国の威信をかけているのですからスケールが大きいです。円を基本にして例えると、普段は数銭ずつ変化するレートが不意に数円ずつの動きをするのです。個人投資家の人なら経験したことがあると考えますがそれまでは上手に含み資産(あるいは損失)が増えていたポジションを維持していたのですが、そのポジションが決済となりましたといった通達が業者からメールが届き。どれほど利益が出たのかな(損したのかな)?と考えながら決済の報告を見たところ、自分の中で想像していたのとは正反対の状態になりびっくりしてしまうケースがありました。為替介入が行なわれた場合に多く聞く話なのです。以上のように外国為替市場介入(為替介入)を実施すると、市場のトレンドと反対の動きをするものなのです。加えて変動する金額の範囲は相当大幅に動くため用心が必要なのです。