いよいよ開始する時という状況ではまずは準備をおろそかにしてはいけません。取引を行う前ならば、出来事を客観的に見ることができる余裕があります。だけれども、ただ一度取引の中へ立ち入ってしまうとどうしても受け取り方が独りよがりになりがちで、時々適切な状況判断ができなくなるリスクがあります。それゆえに自身の精神が論理的な時にきちっと準備する事が大切です。その”準備”のためにはとにかく筋書きを記す事からスタートする。あの通貨は下がる(または上がる)からNZドルを売る(あるいは買う)というふうにあなたなりのシナリオを立てていくのだ。次に重要なのはローソク足チャートをチェックする事です。それ以前の為替相場の推移を調べて、今現在の価格を確かめます。そうしたら、「今日は過度に高すぎる場面にある」それとも「すでに大方の人が取引しているからこの後急に買い(または売り)してももはややりようがない」ということが納得できます。言うまでも無く今はもう買い(または売り)するのが遅すぎるなと思っていたら、売買しないで、そこは潔くあきらめることか重要です。どうしても物語を押し通して、無理に新しく注文すると市場にやられてそれどころか損をすることになる危険性があります。とは言うもののたいがいの状況で事前に準備しているあなたなりのシナリオを作り上げていると買い(または売り)が間に合わないなということにはならないと考えます。たぶん、リアルに為替相場が変化する前の状態のはずです。次は、まずは取引しようと考えている通貨ペアの推移を、注意深く確かめる事が必要です。仮定として円安に向うはずだという脚本を書いたのであれば、該当する外貨の変化に注目しておきます。マーケットの推移をチェックし始めた状況では、ドルは分かりやすく上げ下げする兆候を見せることはなく、上がったり下がったり多少の上げ下げを繰り返しているだけだろう。だけど、その推移をじっと確認しているとある地点で着実に円安へと動き始めます。このタイミングでやっとドル買いの注文をします。通常は、十分に準備をやっておけばその売り買いで勝つ率は大きくなります。