「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨ペアを売買の注文をして差益を生む取引です。売買の注文の値段は1日中上下しています。これが為替市場です。インターネットを見ていると話題が流れる時があります。例としてあげると、「ドル円相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。それは80円50銭から80円52銭の幅の中で買ったり売ったりされているという事ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを表現しています。つまり、トレードには買いと売りの両方の価格が存在する事を示しています。売値のことをBID、買値のことをASKと表しているFX会社もあったりします。平常時には売値が買値よりも安価になっています。自分が買うときには高く、売るときには安くなります。その差額をスプレッドといい取引会社の儲けとなっています。スプレッドの差はFX会社によって変化します。スプレッドの広さは利用者にとってコストになるので小さいFX会社をセレクトするほうが得します。ただ、状況に応じてスプレッドの広さは変動します。もし通常時はドル円の組合せで1銭のスプレッドの差であるとしても為替相場の変化が激しいケースでは1銭よりも広くなる事があります。という訳で、スプレッドが低いのと同時に、変化が少ないということが不可欠です。この頃では変わらないスプレッドの差を提示するFX取引会社もいくつもあったりします。実際に取引会社の売買画面の上で本当の市場を見て確認しなければ判別できないのですがとても大事な事です。重要な投資資金を賭けて注文するのですから、本当の注文の前に心惹かれたFX会社の取引するための口座開設を遠慮せずにして提示されているスプレッドの広さをチェックしましょう。同じ外貨でもそのときの外国為替市場の変動率によって、通貨ペアのスプレッドの狭さは変化します。たいがい、インターバンク市場で売買高が多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドが小さく別の通貨ではスプレッドの広さが大きくなる事があります。