「スプレッド」とはFXは通貨を買ったり、売ったりすることによって収益を稼ぐ商取引です。売り買いの値は常に動いています。それがマーケットです。ニュースサイトを見ていると、通貨の市場の話題が流れるケースがあります。よく見るのが「本のドル相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。それは80円50銭から80円52銭の間で注文されているという事ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを表示しています。別の言い方をすると、売買には買値と売値の価格があるという事です。売値のことをビット、買値の事をアスクと表示している業者もあったりします。いつもは売値のほうが買値よりも安価に定められています。現実に買値は高く、売値は安くなるのが普通です。その差分をスプレッドといいFX取引会社の収益とされています。スプレッドの広さはFX業者によって変わります。スプレッドは利用者にとって支出となるので低い取引業者をピックアップしたほうが得します。ただし、同じ業者でも局面によってはスプレッド幅は変わります。例えば通常はドルと円の通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの差とは言っても、市場の上下動が大きい状況では大きくなる事があります。という訳で、スプレッド幅が狭いのと合わせて、固定しているのが大切です。今では変わらないスプレッド幅を示すFX会社も存在します。現実に業者の取引画面でリアルな市場をチェックしなければ判断できないのでわずらわしいですがとても重要なことです。大切な資金を賭けて取引をするのだから現実の注文の前に、興味があるFX業者の新しい口座開設をいくつもしてスプレッドの狭さを実感しましょう。同じ通貨でも、その場面での相場の条件によって、外貨のスプレッドの差は異なります。普通は、インターバンク相場で取引高が多い通貨の組合せではスプレッドの広さが小さく、その他の通貨ペアでは拡大する事が多いです。