「スプレッド」とはFXは外貨を取引して儲けを稼ぐ商取引です。買ったり売ったりの値は、変動しています。それが為替レートです。インターネットを見ているとニュースが流れる場面があります。見かけるのが、「ドル円は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。これは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという事を表しているのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを表現しています。要するに、トレードには買値と売値の両方の値段が存在する事を示しています。売値のことをビット、買値の事をアスクと表示するFX取引会社もあったりします。普通は売値が安価になるものです。現実に買値は高く、売値は安くなります。その差分をスプレッドといい取引会社の収益といわれています。スプレッドの狭さは会社によって変化します。スプレッドの差は自分にとって手数料になるので低いFX取引会社をセレクトしたほうが儲けられます。ただ、同じ業者でも状況によってスプレッド幅は拡大したり、縮小したりします。例えば日常的にはドル円の通貨ペアで1銭のスプレッドの広さでも相場の変動がかなり大きい状況では1銭よりも大きくなったりするのです。そういう訳で、スプレッドが低いのと同様に、変化が少ない事が不可欠です。今では変化しないスプレッドを見せるFX会社もいろいろあります。実際に取引会社のトレード画面内でリアルな為替レートを確かめなければ見分けられないので面倒ですが、重要な事です。大事な投資資金を投じてトレードをするのですから現実の売り買いの前に、気になる会社の新規口座開設を全てして、示されているスプレッドの広さを確認しましょう。同じ外貨でも、その時間帯のマーケットの変動率(ボラティリティ)によってスプレッドの差は異なることがあります。いつもはインターバンク相場で取引高が多い外貨ではスプレッドが狭く、その他の通貨では大きくなるのが普通です。